【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 賃貸物件の照明の交換で知っておきたいこととは?

賃貸物件の照明の交換で知っておきたいこととは?

≪ 前へ|メリットやガス代は?賃貸の追い焚き機能付きお風呂を解説!   記事一覧   川沿いにある賃貸物件ってどうなの?そのメリットや注意点をご紹介|次へ ≫

賃貸物件の照明の交換で知っておきたいこととは?

今回は、賃貸物件の照明の交換について解説します。
単に切れた電球を交換したい場合、または照明設備ごと交換したい場合などあると思いますが、事前に対処の仕方を知っておくと悩まずに済みます。
室内にある照明の交換、室外にある照明の交換、それぞれの方法や注意点を知っておきましょう!

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の室内にある照明の交換方法と注意点について

賃貸物件の室内にある照明の交換方法として、まず「単に蛍光灯や電球が切れたので交換したい」というだけであるなら、蛍光灯や電球は消耗品扱いですので入居者自身が交換するのが原則です。
ただし「天井が高すぎて自分で交換するにはちょっと危険」「消耗品といったって、特殊な電球を使っているので自分で買うには高額すぎる」などという理由で入居者による交換が難しいと判断した場合は大家さんや管理会社に相談してみましょう。
交渉次第では大家さんや管理会社負担で交換してもらえる可能性もあります。
あと、照明の交換で注意しなければいけないのは「照明設備そのものを自分好みのものに交換したい」という場合です。
この場合、まず「退去時の原状回復」をしなければいけないという大前提があるので、今ある照明設備をきちんと保管できる場所があるかどうかをまず考える必要があります。
そして、今ある照明設備を保管できる見込みがあるからといって、勝手に交換するのはNG。
「きちんと保管して退去時には原状回復するので照明設備の交換をさせてほしい」という趣旨を大家さんや管理会社に伝えたうえで、許可を得て交換するのが正しい方法です。
「どうせ原状回復するから照明設備ぐらい黙って交換してもいいだろう」という考えはちょっと注意が必要です。

賃貸物件の室外にある照明の交換方法と注意点について

さて、賃貸物件の室外にある照明の交換方法は「蛍光灯や電球が切れていたら、大家さんや管理会社に連絡して交換してもらう」というのが正しい方法です。
室外は共用部分にあたるため、そこにある設備に入居者が勝手に手を加えることは、それがたとえ消耗品扱いとなる蛍光灯や電球であっても許されません。
特に注意したいのはベランダ・バルコニーに照明がある場合です。
ベランダやバルコニーは基本的に自分しか使わないから室内と同じように考えがちですが、ここも共用部分のひとつですのでそこにある照明の交換を勝手におこなうことはやめて、大家さんや管理会社に確認しましょう。

まとめ

今回は賃貸物件の照明の交換について解説しました。
室内にある照明設備についている蛍光灯や電球は入居者自身が交換するのが原則ですが、照明設備の交換は原状回復できるよう元の照明設備を保管し、大家さんや管理会社の許可を得ることが必要です。
そして室外の照明については、蛍光灯や電球であっても入居者が勝手に交換することは認められませんので注意しましょう。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|メリットやガス代は?賃貸の追い焚き機能付きお風呂を解説!   記事一覧   川沿いにある賃貸物件ってどうなの?そのメリットや注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約