【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 狭小住宅は需要がある!狭小住宅の魅力と後悔しない家づくりの方法とは?

狭小住宅は需要がある!狭小住宅の魅力と後悔しない家づくりの方法とは?

≪ 前へ|インターネット無料の賃貸物件とはどのような物件?メリット・デメリットもチェック!   記事一覧   マイホーム購入にはどれくらいの資金が必要?頭金の額や資金の準備方法をチェック!|次へ ≫

狭小住宅は需要がある!狭小住宅の魅力と後悔しない家づくりの方法とは?

ここ数年、人気が高まり注目されているのが狭小住宅です。
人気の狭小住宅ですが、恥ずかしいからという理由で購入をためらう方もいるようです。
今回はあらためて狭小住宅とはどのような魅力がある住宅で、どのような家づくりをすると暮らしやすいのか見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭小住宅は恥ずかしい?需要があるのにそう感じる理由とは?

一般的な戸建ての平均坪数は35坪程度で、15坪程度の住宅が狭小住宅と呼ばれます。
普通の戸建てよりも小さい土地に建てられる住宅なので、狭小住宅に住んでいるのを友達や知り合いに知られるのが恥ずかしいと感じるようです。
しかし、狭小住宅を恥ずかしいと思う必要はありません。
家づくりを工夫し、魅力ある狭小住宅にすることで、満足のいく家にすることは可能なのです。

狭小住宅は需要がある!後悔しない家づくりの方法とは

狭小住宅だからといって恥ずかしく感じる必要はありませんが、何も考えずに建ててしまうと、「やっぱり広い敷地に建てればよかった」と後悔することになります。
後悔しない家づくりをするために、狭小住宅を実際に見てみることも大切です。
狭小住宅の家づくりのポイントは、空間を広く見せる工夫をすること。
狭小住宅を広く使いたいときは、できるだけ壁や扉、天井をつくらない間取りにするのがおすすめです。
リビング部分を吹き抜けにすることで、狭小住宅とは思えない開放的な空間を演出できます。
スキップフロアやロフトなどを取り入れ、1つの階を2層にして使うのもよいでしょう。
デッドスペースに収納スペースをつくるなど、空間を有効活用できる工夫を取入れる方法もあります。

固定資産税を抑えたい人にも需要がある!狭小住宅の魅力とは

狭小住宅は狭い土地に建物を建てるので、建築費を安く抑えられるメリットがあります。
安く抑えられる分、こだわりの素材を使ったり、地下室を作ったりすることもできるでしょう。
さらに、税金が安くなるのも狭小住宅の魅力です。
固定資産税や都市計画税は土地の面積によって課税されるので、土地が狭い狭小住宅は安くなります。
狭小住宅は、固定資産税の住宅用地の特例を受けられるケースも。
住宅やアパートなどの敷地で200平方メートル以下の部分は小規模住宅用地とされ、固定資産税は1/6に、都市計画税は1/3に軽減されるのです。

まとめ

狭小住宅は、住宅の購入費用やランニングコストを抑えたい方にピッタリの物件です。
駅近や都心部にマイホームを購入したい方にも、注目されています。
しかし、狭小住宅を広く使うためには、間取りに工夫も必要です。
心地よく暮らせる間取りになるように、ハウスメーカーに相談してみましょう。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|インターネット無料の賃貸物件とはどのような物件?メリット・デメリットもチェック!   記事一覧   マイホーム購入にはどれくらいの資金が必要?頭金の額や資金の準備方法をチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約