【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > マイホーム購入にはどれくらいの資金が必要?頭金の額や資金の準備方法をチェック!

マイホーム購入にはどれくらいの資金が必要?頭金の額や資金の準備方法をチェック!

≪ 前へ|狭小住宅は需要がある!狭小住宅の魅力と後悔しない家づくりの方法とは?   記事一覧   2021年10月号 コーユー通信|次へ ≫

マイホーム購入にはどれくらいの資金が必要?頭金の額や資金の準備方法をチェック!

具体的に、どれくらいの資金を用意できればマイホームが購入できるかご存じでしょうか?
もちろん購入する家によっても異なりますが、いつかマイホームを購入したいと考えている方は、やみくもに貯金するより目標を持って貯金したほうが励みにもなるはず。
今回はマイホーム購入に必要な資金について見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入のための頭金はいくら?ある程度の資金は必要!

マイホームを購入するときは、多くの方が住宅ローンを利用します。
住宅ローンは頭金なしでも借り入れが可能ですが、月々の返済を抑えたいなら頭金をある程度準備しておいたほうがよいでしょう。
頭金の額は多いほど安心ですが、目安は300万円程度で、住宅購入費の1割から2割を頭金で準備する方が多いようです。
頭金と同じ時期に必要な費用には、売買契約書に貼る印紙代に2万円程度、不動産取得税、登録免許税などがあります。
購入するマイホームの金額によって課税される金額が変わるため、細かい金額が知りたいときは、マイホームを購入する前にハウスメーカーや不動産会社に確認してみましょう。
また、マイホームを購入するときは、購入後の生活に困らないだけの預貯金を残しておくことも大切です。
預貯金も多いほど安心ですが、生活費の6か月分を残せるのが理想といわれます。

マイホーム購入資金を準備しよう!家賃を払いながらでも貯金できる?

実家暮らしをしている間に貯金をして、独立したときにマイホームを購入するのが理想です。
しかし、実際は賃貸物件に住みながら貯金をして、マイホーム購入の資金を貯める方がほとんどでしょう。
家賃を支払いながら頭金を貯めるなら、頭金なしのフルローンでマイホームを購入したほうがよいのではないかと考える方も増えています。
結論からいえば、どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、自分に向いている方法を検討してマイホームを購入しましょう。
家賃を支払いながらマイホーム購入の資金を貯める場合、資金が貯まるまでマイホームが購入できないデメリットがあります。
ですが、収入が減ってしまった場合、貯金はできなくなる可能性はあっても、住む家に困ることはありません。
フルローンでマイホームを購入した場合、すぐに憧れの家を手に入れられるのがメリットです。
しかし、フルローンにすると月々の返済額が高くなるため、返済額が生活費を圧迫する可能性があります。
万が一、収入が減って住宅ローンの返済が滞ったときは、家を売却しなければいけないリスクがあるので注意が必要です。

まとめ

マイホームはフルローンで購入もできますが、できれば頭金を準備してマイホームを購入したいもの。
頭金を自分で準備するのが難しい場合、親や親族に援助をお願いする方法もあります。
どのように資金を貯めるのがよいか、どうしたら計画的にローンが返済できるのか、じっくり検討しましょう。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|狭小住宅は需要がある!狭小住宅の魅力と後悔しない家づくりの方法とは?   記事一覧   2021年10月号 コーユー通信|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約