【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > メリットやガス代は?賃貸の追い焚き機能付きお風呂を解説!

メリットやガス代は?賃貸の追い焚き機能付きお風呂を解説!

≪ 前へ|こだわりのデザイナーズ賃貸物件!その定義やメリットとは?   記事一覧   賃貸物件の照明の交換で知っておきたいこととは?|次へ ≫

メリットやガス代は?賃貸の追い焚き機能付きお風呂を解説!

お風呂は体の汚れを落とすだけでなく、一日の疲れを癒す場所でもあります。
賃貸物件をお探し中の方のなかには、より快適な入浴環境を求めて、追い焚き機能付きのお風呂を条件の1つにくわえている方もいらっしゃるでしょう。
今回は、追い焚き機能付きのお風呂が持つメリット・デメリットやかかるガス代についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸のお風呂に追い焚き機能が付いているメリット・デメリットは?

冷めてしまったお風呂のお湯を再び温めなおせる機能を追い焚き機能といいます。
家族が多いご家庭では、最後の人が入浴するころにはお湯がぬるくなってしまっていることも多くあります。
また、一人暮らしの場合でも、半身浴などで長風呂している間にお湯が冷めてきたと感じた経験がある方も少なくないでしょう。
短時間で適温に戻せる追い焚き機能は、そうした場合に大変便利です。
温めなおすためだけにいちいちお湯をつぎ足す必要がないため、水道代の節約にもつながります。
ただし、追い焚きの配管を傷めてしまう可能性があるため、成分によっては使用できない入浴剤があります。
入浴剤を使用する場合は、注意書きをよく読んだうえでの使用を心がけてください。
また、すぐに温まるからといって何日も同じお湯を使いつづければ、大量の雑菌が繁殖し、不衛生な状態になってしまいます。
お湯の使いまわしには十分注意しましょう。

賃貸お風呂の追い焚き機能を使う場合のガス代はどれくらい?

お湯の追い焚きにはガスを使用します。
そこで多くの方が気にされるのが、追い焚き機能を使った際のガス代です。
地域や契約内容によっても異なりますが、浴槽に200リットル溜めたお湯を追い焚きした場合にかかるガス代は、都市ガスでおよそ100円、プロパンガスでおよそ145円になります。
毎日の利用で月3,000円~4,000円といったところでしょう。

賃貸お風呂の追い焚き機能とお湯の張り替えを比較!

お湯を溜めて入浴した翌日、追い焚き機能で温めなおして入浴すべきか、それとも新たにお湯を張り替えて入浴すべきか、迷われたことがある方もいらっしゃるでしょう。
そこで、双方を費用面と衛生面で比較していきます。
まず費用面ですが、上記でも少し触れたように、水道代の節約になるのは追い焚き機能の利用です。
また、200リットルのお湯の張り替えにかかるガス代は都市ガスでおよそ125円、プロパンガスでおよそ165円です。
上記でご紹介した追い焚き機能のガス代と比べると、水道代同様に追い焚き機能に軍配が上がります。
しかし衛生面で比較すれば、当然のことながら新たに張り替えた場合のほうが断然清潔です。
ご家族のなかに抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りがいらっしゃる場合には、毎日お湯を張り替えて入浴することをおすすめします。

まとめ

お風呂の追い焚き機能は、お湯の温めなおしに大変便利です。
また、水道代やガス代の節約にもつながります。
ただし、2日目以降の利用は衛生上あまりおすすめできません。
追い焚き機能付きの賃貸物件にお住まいの際は、衛生面に気を付けながら上手にその機能を活用してください。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|こだわりのデザイナーズ賃貸物件!その定義やメリットとは?   記事一覧   賃貸物件の照明の交換で知っておきたいこととは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約