【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 後悔したくない賃貸物件選び!部屋の位置ごとの特徴を覚えておこう

後悔したくない賃貸物件選び!部屋の位置ごとの特徴を覚えておこう

≪ 前へ|賃貸住宅の人気設備「独立洗面台」があるメリットとは   記事一覧   京成小岩駅の住みやすさを検証!アクセスや周辺の利便性とは?|次へ ≫

後悔したくない賃貸物件選び!部屋の位置ごとの特徴を覚えておこう

賃貸物件を借りるときは、なるべく住み心地のよい部屋を選びたいものです。
部屋には位置によって特徴がありますから、覚えておくと物件選びに役立つでしょう。
そこで今回は賃貸物件をお探しの方に向けて、部屋の位置による違いについて、角部屋と中部屋の特徴をそれぞれご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件は部屋の位置による違いを踏まえて選ぼう!①角部屋の特徴とは

「賃貸物件を借りるなら角部屋がいい」と聞いたことがあるかもしれません。
角部屋とは、各階の端に位置していて、片方の壁が隣の部屋に接していない部屋のことです。
そのため窓が2面あり、明るくて通気性もよいことがメリットです。
階数が高い部屋なら、窓からの眺めもよく、開放感を感じるでしょう。
隣の部屋と接する部分は1面だけなので、生活音が気になることも少ないと考えられます。
部屋が横並びの賃貸物件では、中部屋よりも数が少なく、すぐに入居者が決まりやすいですから、角部屋を希望するときは早めに決断しましょう。
ただし角部屋にも、デメリットがあります。
まず、外気温の影響を受けやすいこと。
窓が多いと日当たりがよく、部屋も暖かいように思われるかもしれませんが、外の気温は窓を通して伝わります。
角部屋は窓が多い分外気に触れる部分が増えますから、冬場は冷たい空気が室内に伝わりやすく、夏場は日光で暑くなりやすいと考えられるのです。
そのため、室内の温度を快適にするためには、冷暖房費が高くなるかもしれません。
また、費用は賃料にもかかる可能性があります。
角部屋は数が少ないうえに人気が高いので、中部屋よりも賃料が高く設定されていることがあるからです。
ですから、多少お金がかかっても日当たりや見晴らしがよい部屋を希望する方には、おすすめの部屋だと言えるでしょう。

賃貸物件は部屋の位置による違いを踏まえて選ぼう!②中部屋の特徴とは

中部屋とは、部屋の壁2面が隣に接している部屋のことです。
両隣に部屋があるため、外気の影響を受けにくく、冬場も比較的暖かく過ごせるでしょう。
暖房費の節約ができますし、賃料も角部屋と比べて安い傾向にあるので、出費を抑えることができます。
窓が少ない分、外からの騒音が気になりにくい点もメリットです。
ただし、両隣に他の住人がいる中部屋では、相手の生活音が気になりやすいことがデメリットです。
自分が出す生活音も、迷惑になる可能性がありますから、音量や時間帯などに配慮する必要があるでしょう。
中部屋は日が当たる時間が限られることもありますから、部屋の向きをしっかりと考えて選ぶことが大切です。

まとめ

賃貸物件では、角部屋と中部屋のそれぞれにメリットやデメリットがあります。
ですから、ご自分がよりメリットを感じられるほうを選ぶようにしましょう。
デメリットも工夫次第で緩和できますから、きちんと対策して、快適な部屋で暮らしましょう。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸住宅の人気設備「独立洗面台」があるメリットとは   記事一覧   京成小岩駅の住みやすさを検証!アクセスや周辺の利便性とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約