【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 防音性の高い賃貸物件を選ぶコツと今すぐできる防音対策

防音性の高い賃貸物件を選ぶコツと今すぐできる防音対策

≪ 前へ|上京して初めて暮らすお部屋探しを成功させるコツと注意点を解説!   記事一覧   賃貸物件を探している人必見!木造アパート契約のメリットとデメリット|次へ ≫

防音性の高い賃貸物件を選ぶコツと今すぐできる防音対策

そこでここでは、防音性の高い賃貸物件を選ぶためのコツと、今住んでいる賃貸物件でできる防音対策についてご紹介します。
静かな暮らしをしたい方、自分や家族が出す生活音が気になる方は、ぜひ目を通してください。

弊社へのお問い合わせはこちら

防音性の高い賃貸物件を選ぶためのコツ

防音性の高い賃貸物件は、一般的にRC造(鉄筋コンクリート造)のものとされています。
次いで防音性が高いのが、SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)、鉄骨造、木造です。
ただし、木造であっても壁の間に断熱材が入っている場合などは、鉄骨造よりも防音性が高いこともあります。
そのため一概に木造=防音性が低いとはいえません。
構造だけでなく施工についても調べることが、防音性に優れた賃貸物件を選ぶためのコツです。
また、隣の部屋の間取りにも注意しましょう。
たとえば、自分のリビングの壁の向こうが隣の部屋のクローゼットなら、隣室との間にワンクッションを挟むことになるので、生活音が響くことが少なくなります。
隣や上下階の間取りを見て、リビングなどが隣り合っていないかを確認することも、防音性が高い賃貸物件に住むためのコツです。
さらに、飛行機が上空をよく飛んだり、近くに電車が走っていたりする賃貸物件は、二重サッシなどの防音対策がされている可能性も高まります。
「楽器可」の賃貸物件も、同じことがいえるでしょう。
こういった賃貸物件を選ぶことも、1つの方法です。

今住んでいる賃貸物件でできる防音対策のコツ

生活音はどうしても発生しますが、できるだけ快適に暮らすために、お互いに防音対策に気を配るのは重要です。
そこで、賃貸物件でできる防音対策のコツをご紹介します。
子どものバタバタという足音や椅子を引く音などは、床材を伝わって下の階に響いてしまいます。
そのため、厚手のカーペット、ラグ、マットなどを敷くようにしましょう。
洗濯機の音の対策には、ゴム製の防振マットが有効です。
音楽や会話が外に漏れる対策では、防音カーテンを使うのもおすすめです。
床に付くギリギリの丈で窓をすっぽり覆うサイズの防音カーテンを選べば、より有効です。
壁に穴を開けずに設置できる、フェルトやゴム製の防音壁もあります。

まとめ

防音性が高い賃貸物件を探すには、建物の構造だけでなく、どんな施工がされているのかもチェックしましょう。
隣と上下階の居室の配置を見ることで、生活音の響きやすさも予想できます。
また、賃貸生活を始めた後は、防音カーテンや防音マットなどを使うのがおすすめです。
自分自身や家族が出す生活音をやわらげてくれます。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|上京して初めて暮らすお部屋探しを成功させるコツと注意点を解説!   記事一覧   賃貸物件を探している人必見!木造アパート契約のメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約