小岩で不動産・賃貸マンションを探しならホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店

  • 営業時間9:00~18:00
  • 定休日(1~3月)水曜日 (4~12月)火・水曜日

【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 家を高く売却したいならカーポートはどうすべき?固定資産税についても解説

家を高く売却したいならカーポートはどうすべき?固定資産税についても解説

≪ 前へ|二世帯住宅のタイプは何を選べばいい?完全分離型の間取りや特徴を解説   記事一覧   鉄筋コンクリートの建物構造とは?メリットとデメリットを比較!|次へ ≫

家を高く売却したいならカーポートはどうすべき?固定資産税についても解説

家の売却を検討するにあたって、カーポートをどうすべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。
カーポートの状態によっては家を売却する前に修理や撤去が必要になることもあるため、事前に確認しておくと安心です。
今回は、家の売却時にカーポートをどうすべきか、固定資産税のことも合わせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の売却時にカーポートの状態が悪いときの対処法

売却しようとしている家の前にカーポートがある場合、カーポートの状態が悪いと売却にも影響が及ぶ可能性があるので注意が必要です。
屋根や柱が破損していたり、古くなって見た目が悪くなったりしているカーポートが家の前にあると、内覧に来た方の印象を悪くしてしまいます。
家の設備をきちんと管理していないイメージがついてしまうため、買い手がつきにくくなってしまうのです。
そのため、カーポートの状態が悪い場合は、修理してから家を売却すべきです。
カーポートが汚れのみであれば、業者に清掃を依頼することで2万円~5万円程度できれいにしてもらえます。
しかし、アルミ枠の交換が必要な場合は、10万円以上の費用がかかることもあるので事前にしっかり見積もりを取っておきましょう。
また、カーポートの撤去であれば2万円前後で依頼できるため、思いきって撤去してしまうのも選択肢のひとつです。
修理に高額な費用をかけるよりも、撤去してから家を売却したほうがお得な場合もあるので確認してみることをおすすめします。

家を売却する前に確認すべきカーポートの固定資産税とは?

カーポートを設置するにあたって、固定資産税がかかるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。
もしカーポートに固定資産税がかかるのであれば、撤去してから家を売却したほうが買い手が見つかる可能性が高くなります。
結論から言うと、柱と屋根だけでできている一般的なカーポートであれば固定資産税はかかりません。
固定資産税がかかるのは、屋根があって3方向が壁で囲まれているカーポートです。
さらに、カーポートの基礎が地面にしっかりと固定されていることが条件になります。
それ以外のカーポートはたとえ2台用であっても固定資産税がかからないため、状態さえ良ければ撤去せずに家を売却したほうが買い手が見つかりやすくなる可能性があります。
もし、固定資産税の対象になるカーポートがある場合は、いくらかかるのか事前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

売却したい家にカーポートがある場合は、そのまま売却すべきか、修理や撤去を検討すべきかをしっかりと考えてみるのがおすすめです。
カーポートのタイプによっては固定資産税が発生する場合もあるため、それも踏まえたうえで判断する必要があります。
自分で判断するのが難しい場合は、専門家に相談してみると良いでしょう。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|二世帯住宅のタイプは何を選べばいい?完全分離型の間取りや特徴を解説   記事一覧   鉄筋コンクリートの建物構造とは?メリットとデメリットを比較!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約