小岩で不動産・賃貸マンションを探しならホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店

  • 営業時間9:00~18:00
  • 定休日(1~3月)水曜日 (4~12月)火・水曜日

【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 賃貸物件の専有面積に含まれる範囲とは?一人暮らしに適した専有面積もご紹介

賃貸物件の専有面積に含まれる範囲とは?一人暮らしに適した専有面積もご紹介

≪ 前へ|賃貸物件でもできる床のDIY方法とは?原状回復のための注意点も解説!   記事一覧   賃貸物件の連名契約とは?メリットやデメリットについて解説|次へ ≫

賃貸物件の専有面積に含まれる範囲とは?一人暮らしに適した専有面積もご紹介

賃貸物件を探す際の物件情報には専有面積が記載されているため、それを参考に物件選びをする方も多いのではないでしょうか。
しかし、専有面積の見方について正しく理解しておかないと、実際に物件を見たときに「思っていたのと違う」ということになってしまいがちです。
そこで今回は、賃貸物件の専有面積を見るときの注意点と、一人暮らしにおすすめの専有面積についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の専有面積を見るときの注意点

マンションやアパートなどの集合住宅には、入居者それぞれが独占的に使用できる「専有部分」と、入居者全員が使用できる「共用部分」があります。
このうち専有部分の面積を指すのが専有面積であり、物件の広さを知るうえでの参考になるものです。
しかし実際には、どこまでが専有面積に含まれているのかをよく知らないという方も少なくありません。
特に間違えやすいのが、バルコニーを専有部分だと思ってしまう例です。
たしかにバルコニーはその部屋に住む方が自由に使える場所に見えますが、実は災害時の避難経路として使われるため、共用部分に含まれます。
そのため、特に何の記載もない場合、専有面積にはバルコニーの面積が含まれていないと考えてください。
また、ロフトについても建築基準法上専有面積に含まれないことが多いです。
つまり、同じ専有面積の賃貸物件なら、ロフトがある物件のほうが広く使えることが多いです。

賃貸物件で一人暮らしをするにはどれくらいの専有面積が必要?

賃貸物件の最適な専有面積は、その部屋に住む家族の人数やライフスタイルによって異なります。
たとえば、一人暮らしの場合はどれぐらいの専有面積が必要なのでしょうか。
国土交通省が策定した住生活基本計画における「居住面積水準」によると、一人暮らしに必要な専有面積の目安は25~40㎡とされています。
最低基準である25㎡だとワンルームや1Kタイプの間取りが多く、ゆったりめの空間で暮らすことを希望している方にはおすすめできません。
40㎡だと1DKや1LDKの間取りが多いため、ライフスタイルに合わせた快適な住環境を確保しやすくなるでしょう。
一人暮らしの場合は広すぎても管理が大変になるので、30㎡前後の賃貸物件を選ぶ方が多いのが特徴です。
家にいる時間の長さなども考えたうえで慎重に選ぶと良いでしょう。

まとめ

専有面積は賃貸物件の広さを表す重要なものですが、バルコニーやロフトなど専有面積に含まない部分もあるので注意が必要です。
一人暮らしの場合は自分の生活にはどのくらいの専有面積が必要なのか考えてから物件探しすることをおすすめします。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件でもできる床のDIY方法とは?原状回復のための注意点も解説!   記事一覧   賃貸物件の連名契約とは?メリットやデメリットについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約