小岩で不動産・賃貸マンションを探しならホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店

  • 営業時間9:00~18:00
  • 定休日(1~3月)水曜日 (4~12月)火・水曜日

【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 中古の不動産をリフォームするならオール電化がお得?ガスとの違いについて

中古の不動産をリフォームするならオール電化がお得?ガスとの違いについて

≪ 前へ|相続した不動産が空き家になったときの管理方法やデメリットを解説!   記事一覧   マイホーム購入時に利用できる住宅ローン「フラット35」について解説|次へ ≫

中古の不動産をリフォームするならオール電化がお得?ガスとの違いについて

DIYが主流になりつつある近年、中古物件を購入してリフォームする方が増えています。
リフォームする際に検討したいのが、ガスからオール電化への変換です。
テレビや広告でもよく耳にするオール電化ですが、実際何がどのように変わるのか理解できていない方も多いのではないでしょうか。
オール電化について知ることでリフォームの選択肢が増えるかもしれません。
そこで今回は、オール電化とガスの違いについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件をオール電化にリフォームすると設備はどう変わる?

オール電化とは、ガスを使用しない代わりに電力でまかなう仕組みです。
そのため、ガスを使用している中古物件をオール電化にリフォームした場合、いくつか設備を変える必要があります。
まず、調理に使用していたガスコンロを取り外して、オール電化専用のIHクッキングヒーターを取り付けます。
次に、お湯を沸かすために必要なエコキュートと呼ばれる給湯器も必要です。
これら2つの必需品にくわえて床暖房や蓄熱暖房機を設置することで、効率良く室内を温めることができます。

オール電化で使用されるエコキュートと電気温水器の違い

エコキュートと電気温水器は、お湯を沸かす基本的な仕組みが異なります。
電気温水器がヒーターで給湯器内に貯蓄されたお湯を沸かすのに対し、エコキュートは二酸化酸素を利用してヒートポンプの要領でお湯を沸かします。
そのため、気になる電気代に関しては、電気だけを利用する電気温水器よりも電気と空気を利用するエコキュートの方が安くなるのです。
設置するための初期費用はエコキュートの方が高くなりますが、長期的に考えるとエコキュートの方が費用は安くなります。

中古物件をオール電化にリフォームした際の電気代はいくら?

オール電化にリフォームした場合、電気代の月額平均は12,500円~15,000円が相場となっています。
年間でみると約15万~18万円となりますが、一般住宅におけるガス代も含んだ金額となるため、ガス併用住宅と比較すると光熱費を抑えられるということです。
ただし、電力自由化に伴い契約する電力会社や契約プランによって異なるため注意しましょう。

まとめ

中古物件をリフォームする場合は、オール電化を検討するのもおすすめです。
エコキュートの設置費用などはかかりますが、ランニングコストはオール電化の方がお得だといえます。
オール電化にする際には、契約するプランや電力会社もしっかり選んでください。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|相続した不動産が空き家になったときの管理方法やデメリットを解説!   記事一覧   マイホーム購入時に利用できる住宅ローン「フラット35」について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約