小岩で不動産・賃貸マンションを探しならホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店

  • 営業時間9:00~18:00
  • 定休日(1~3月)水曜日 (4~12月)火・水曜日

【小岩 賃貸】ホームメイトFC小岩駅前店・小岩駅北口店 > ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーのブログ記事一覧 > 家をペアローンで購入した際のメリットやデメリットとは?特徴を解説

家をペアローンで購入した際のメリットやデメリットとは?特徴を解説

≪ 前へ|不動産売却での固定資産税評価額とはどのようなものかポイントを詳しく解説   記事一覧   家に必要な各種災害保険の補償内容について解説!|次へ ≫

家をペアローンで購入した際のメリットやデメリットとは?特徴を解説

マイホームの購入は高額な買い物ですから、お客様の多くがローンを組んでいます。
ローンの種類はさまざまですが、今回はペアローンの特徴について解説していきます。
メリットとデメリットをお伝えしますので、ローンを組まれる際の参考情報としてお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

持ち家を購入した際のペアローンの特徴とは

一定の収入のある複数人とともに1つの物件に対して住宅ローンの契約をして、連帯保証人となる方法がペアローンです。
それぞれの収入を合算した金額をもとに、借入額や返済額を個別に決められるのが特徴です。
共働きの家庭が増えており、夫婦がペアとなってローンを組む方が増加しています。
それぞれが連帯保証人となり、団体信用生命保険へと加入すればローンが組めます。
ペアでローンを組む他に、親子2代に渡りローンを組んで返済する親子リレーローンがあります。
親子リレーローンでは、借り入れ時に年齢制限が設けられている金融機関がほとんどですが、ペアでのローンは加入時や完済時の年齢に縛りがないのも特徴です。

持ち家の購入でペアローンを組んだ際のメリットとは

ペアでローンを組んだ場合、借り入れできる金額が増えるのが大きな利点でしょう。
連帯債務によって合算した収入で借入額を増やせますが、ペアでローンを組むよりも少ない金額となります。
もし借入額が増えると、単独による借り入れでは購入が難しかった持ち家も買える可能性があります。
また、2人分の住宅ローンの控除が受けられるメリットもあります。
住宅ローンの控除は1人あたり最大40万円であり、単体での借り入れでは限度額を超えてしまう可能性があっても、ペアローンでは最大80万円の控除となるでしょう。
さらに、収入のある一方は返済負担率の多い金利プランを、もう一方は低金利で短期間返済するプランへとそれぞれに合った金利プランへ変えられるのも利点でしょう。

持ち家をペアローンで購入した場合のデメリットとは

単身で団体信用生命保険に加入した場合、債務者の死亡時に保険金で住宅ローンが支払われます。
しかし、ペアローンは夫婦それぞれが団体信用生命保険へ加入するため、死亡者のローンは充当されても、もう一方はローンの支払いが続くデメリットがあります。
さらに、ローンの手続きで登記費用や司法書士への報酬、印紙代がかかりますが、ペアローンは住宅ローンが2つ組むことになり、諸費用が2倍かかるでしょう。
また、借入額が増えると返済すべき金額も増えるので、経済的負担が増える可能性もあるでしょう。
その他にも、ローンの締結後に離婚し、家を売らない場合の所有権は夫婦どちらかに変える必要があります。
2人で支払う予定だったローンの返済を1人でまかなう必要がありますので、経済的負担がかかる可能性があります。

まとめ

1つの家を購入した際に、複数でローンを組むのがペアローンであり、借り入れ時や完済での年齢制限がないのが特徴です。
借入額が増えて、それぞれの収入にあわせた金利プランで支払いできる利点がありますが、諸経費がかかるのが欠点です。
利点と欠点を理解したうえで、お客様にあったローンを組むことをおすすめします。
ホームメイト小岩駅前店 株式会社コーユーでは、地域を知り尽くしたベテランスタッフが真摯にお客様にご提案いたします。
小岩エリアの不動産でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却での固定資産税評価額とはどのようなものかポイントを詳しく解説   記事一覧   家に必要な各種災害保険の補償内容について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約